原理

| 未分類 |

脱毛エステで行われる脱毛法の一つが、フラッシュ脱毛です。脱毛希望箇所に光を当てるだけと、その方法はとっても簡単です。なぜ光を当てるだけで脱毛ができるのでしょうか。その原理を簡単に説明します。
フラッシュ脱毛に利用する光は、黒い色に選択的に反応するという性質を持っています。脱毛の前には脱毛部位のムダ毛を剃っておくのですが、それは毛根のみを選択的にターゲットとするためなのです。伸びたままの毛では、毛の長い部分に反応してやけどなどのトラブルになるリスクが高いためです。毛を予め剃っておけば、黒い部分は毛根のみ、その毛根に光が集中し、効率よく処理ができるのです。
このフラッシュ脱毛は光を当てるだけで脱毛ができると言いましたが、実は1回だけではダメなのです。というのは毛には1本毎に毛の生え変わりのサイクルともいえる毛周期があります。その中でも成長期の毛だけにこの光は効果があるのです。しかも、照射部分の毛が全て成長期ということはあり得ませんので、同一部位でも何回か照射をする必要があるのです。具体的には同一部位なら2から3ヵ月おきの照射を5、6回ほど繰り返すと、だいぶきれいになるようです。ただ、本当に無毛にしたいなら、10回以上の照射が必要になるようです。